なるほど!からだサーチ

塩分を摂りすぎると病気のリスクが高くなる

味付けの濃い料理が好きな人って、あなたの周りにも一人や二人、必ずいますよね。しかし、塩分を取りすぎてしまうと、思わぬ落とし穴が待っています。食べている時はわかりませんが少しつづ、体に変化が見られるようになります。塩分を摂り過ぎた時、体に起こる症状、摂り過ぎが原因と言われる病気など、どんなことがあるのかご紹介します。

塩分摂りすぎは血圧が上昇する

塩分を摂りすぎてしまうと、まず起きることとして血圧の上昇があります。しかもそれは、直ぐに現れないのです。少しづつ悪くなって、症状が現れる時は高血圧となります。高血圧は、自分では気づかないということが多いです。たまたま血圧を測定してもらったら、自分が高血圧だったということがあります。しかも、その高血圧と言うのは、年配の人だけではありません。若い時から塩分を摂りすぎていた関係で、いきなり血圧が上昇することもあります。従って若い人でも血圧が高い人がたくさんいるのです。自覚がないことが怖いですね。高血圧になると、頭痛がする、なんとなくフラフラする等の症状が現れることもあります。しかしその症状が恐ろしい病気と結びつくと気づいていないこともあります。

塩分摂りすぎによる心臓病のリスク

塩分を摂りすぎると、とても恐ろしい病気として心臓病があります。一般的によく言われているのは、狭心症や心筋梗塞などですね。その病気になると、いきなり命の危険性があるのです。急に意識がなくなったり、胸が苦しくなります。そんな恐ろしい病気は、自分だけではなくその周りの人にも迷惑をかけることになります。職場の人、家族など一緒に悲しむことになるのです。そんなことにならないように気をつけたいですね。。血圧上昇による、血管が弱ってしまうことにより引き起こされることが多いので、塩分を控えることはとても大切なことです。もしも一回心臓病になっている人は、食事の中でかなり塩分を控えていることでしょう。しかし、そのようになる前に、本当は減塩に心がけたいですね。

塩分摂り過ぎによる脳疾患のリスク

塩分を摂りすぎることにより、引き起こされる病気として、心臓病以外にとても怖いものとして脳疾患があります。よく知られているのは、脳梗塞です。脳梗塞になると、その後に後遺症が残ることもあります。そのため、普段の生活習慣を見直さないと、一生後悔をすることもあるということです。また脳疾患として、くも膜下出血等命の危険性が高い病気もあります。これも、塩分を摂りすぎたことにより、血管が傷ついて起きることがあります。血圧が高い人は、脳疾患のリスクが高くなるのでその点では早急に対処をすることが大事ですね。高血圧の人は、自覚がない人もいます。そのため、自覚がないので生活習慣をそのままで見直すことなく経過させることも少なくありません。すると、少しづつひどい状態になっていることもあるのです。それは、本当に恐ろしいことですね。

塩分摂りすぎによる腎不全のリスク

塩分を取りすぎてしまうと、腎不全のリスクがあります。腎不全と言うと、直接命に直結しないので、まだ大丈夫と思うかもしれません。しかし腎不全は、体がむくんでしまったり、意識がなくなったりすることもある、とても恐ろしい病気なのです。そのため、その腎不全もとても恐ろしい病気と認識することが大切なのです。腎不全になると、透析治療などとても大変な治療を行うことが必要となってきます。そのような状態になると、食事もほとんど味がついていないような食事療法を受けることもあります。それも、とても辛いですね。ひどい状態になると、そのことを我慢しなければいけません。その前の段階で塩分を少なくするように予防が大切ということですね。

塩分の摂りすぎは精神的にも影響

塩分を摂りすぎてしまうと、病気になること以外にも影響があります。それは、塩分が多い食事をすると、交感神経が刺激されて興奮状態となることがあるのです。それは、怒りっぽくなったり、気分のムラが見られることがあります。その時のことを振り返ると、どうしてあんなに興奮をしてしまったのだろうと思うことがあります。それは塩分の摂りすぎによって起きたことなのかもしれません。怒りっぽい人などは、塩分を控えるようにしましょう。子供の頃から摂りすぎている人は、塩分摂り過ぎによる気分のムラが出ているのかもしれません。自分が塩分過多になっていないのか、いつも気をつけましょう。また毎日の食事は、子供の精神にも影響すると言うことを親として理解することも大事ですね。

まとめ

塩分を取りすぎていると、いろいろな病気になるリスクがあります。特に小さい時から習慣になっている人は、とても危険です。血圧を測定したことがない場合は、測定して自分の状態を知るようにしましょう。また塩分を控えることが大切です。いきなり塩分を少なくすると、とてもストレスが溜まってしまいます。そのため、少しづつ減塩の食事になれるようにしましょう。そしてそれは、今から始めることが大事です。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です