なるほど!からだサーチ

口臭の原因アレコレとその対策7選

口臭が気になるな、と感じる方は増加傾向にあります。口臭の原因として多く見られるのがドライマウス。日常的にドライマウスとなってしまっている方は、水分の摂取方法に問題がある場合があります。ペットボトルが一般的になってから、お茶で水分補給されている方が増えていますが、実はそれはNG。ナチュラルウォーターが最もおすすめです。

ドライマウス撲滅〜舌まわし体操

水分補給をしていない時のドライマウスによる口臭対策も、もちろん行っていきましょう。ドライマウスの原因として、唾液線に対する刺激が十分でないということがあげられます。その対策として、口内の舌まわし体操が有効です。口を閉じている状態で、時計回りに歯の外側に舌を出して10回。反時計回りにも10回まわしましょう。これだけです。口の中がものすごい潤ってきたと思います。唾液腺を刺激し口内に唾液をいきわたらせることで、口臭の原因菌を除去することができます。習慣づけて行うようにしましょう。

舌苔口臭の予防方法

口臭の原因は、ドライマウスだけではありません。舌の表面が白くなってしまい、それが口臭の原因となる場合もあります。舌苔対策としては、次のような体操がおすすめです。まず口を閉じた状態で「ラ」の発音をしようとしてみましょう。そのときに下あごに力を入れて口の中の舌を半分に押しつぶしてみましょう。舌の先が折れ曲がっている状態で、舌の先を前後に動かし、舌の表面をこすりつける動きを10回行ってください。その後で、水を数秒含んでごくんと飲みこめば、舌の表面がつるっつるに綺麗になって、口臭を抑えられるのです。

用途に合わせた洗口液〜早朝編

口臭に対する意識の高まりを受けて、ドラッグストアなどでも洗口液がたくさん並ぶようになりました。口臭でも種類が様々ですので、用途に合った洗口液を利用する必要があります。寝起きの時の口臭対策としては、洗口液を口に含んだときにピリッとする刺激の強い洗口液を使用するようにしてみましょう。寝ている間に作られてしまった粘つきのある口内には、刺激が強めの洗口液が有効です。

用途に合わせた洗口液〜日常生活編

朝起きたばかりの時よりも日常的に口臭が気になる、そんな方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、歯と歯茎の間の歯周病が原因の可能性が考えられます。そのような場合の対策としては、低刺激タイプ、もしくはトータルケアタイプの洗口液をブラッシングの前に使用することをおすすめいたします。歯周病は、ゆすいだだけでは改善することが難しいです。そのため、30秒ほど洗口液を含んだ後にブラッシングして徐々に原因菌を取り除くことが効果的です。

胃袋からやってくる口臭対策

これまで口腔ケアを主にしてきましたが、胃のもたれなどが原因で、胃袋からのニオイが口臭の原因になっている方もいらっしゃることが最近わかってきました。その対策としては、ピロリ菌のチェックです。胃の病気の原因となるピロリ菌は、胃の粘膜を傷つけてしまいます。現在は、内科で処方される薬を2週間服用するだけで、ピロリ菌を撲滅できるようになりましたので、一度検査してみて対策することをおすすめいたします。

普段は気にならないけどストレスがかかる時

普段の生活を送る上では口臭はないけれど、大事な仕事でのプレゼンの前や大きな商談の前に緊張していると、口の臭いが気になることがあります。そんな時の対策として、瞬間的に口臭を取り除くことができるのが口臭対策スプレーです。コンパクトなサイズですので、大事な瞬間の前にポケットから取り出しシュッと口内にひと押しすることで、ストレスによって発せられるお口の匂いを瞬く間に取り除いてくれます。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です