なるほど!からだサーチ

納豆の栄養と効能を理解しよう!

納豆を学術的に理解するなら、植物性タンパク質に良いバクテリアが付着した保存食といえます。実際の栄養というものは、腸内で吸収されるわけですが、納豆のバクテリア自体が、その植物性タンパク質の消化吸収を助けているのです。納豆菌が消化のサポーターとして、事前に組み込まれているなんて、食の手軽さと併せて素晴らしいことですね。

納豆の栄養成分とは

納豆の栄養成分は、まず豆の植物性タンパク質がメインになります。この植物性タンパク質は、動物性と違って油脂を含まない点が特長です。その栄養は、身体を形作る細胞の基本栄養素になり、身体中で再構成され生命維持に役立つのです。バクテリア自体に栄養はありませんが、他の食事と併せて摂るケースでは、納豆バクテリアが他の食材を腸管内で、分解するための有効な成分となります。つまり、納豆と食事を併せて食すれば、他の栄養の消化吸収をも助けてくれるわけになります。腸内フローラとしてのひとつの善玉菌として、腸内で停滞してくれるために、胃袋から大腸までの健康にも役立っているわけです。そして、それを定期的にお腹に補給することにより、腸内環境が改善されます。そして植物性タンパク質と併せ、食物繊維も多めに吸収できます。

納豆の基本の効果

納豆のバクテリアが呼び起こすものは、体内環境の改善です。納豆自体のタンパク質としての栄養は、そのまま細胞まで運ばれますが、バクテリアの腸内での反応は、恒常機能を高める役割があります。食事から吸収するタイプの善玉菌というわけです。良いバクテリアが腸内を停滞していると、他の悪いバクテリアを寄せ付けません。つまり、他の栄養素の小腸内での有効な分解・吸収を助けるのです。そのため、まんべんなく食事の栄養素を総合的に身体に取り込むことが可能になり、身体の機能がアップします。身体の機能と言うのは、温度的なものであったり、循環的なものです。要するにバイタルバランスの性質が上がります。納豆の栄養としては、タンパク質がメインなのですが、納豆バクテリアにより引き起こされる身体の恒常機能の向上は、ホメオスタシスに影響を与える為、活力ある身体作りをも可能としています。

納豆の副次的効果

納豆の副次的効果として、その栄養価の高さもさることながら、お通じに影響があることはご存知でしたか? 食物繊維としても腸内フローラの改善成果もあるので、お腹の調子に良い影響を与えます。納豆バクテリアというのは、胃袋の酸にも溶けずに腸内を巡るので、その効果が高いわけです。納豆バクテリアはその強度から、ほかの悪いバクテリアを寄せ付けない為に、保存食として優秀な位置を得ています。その効果は、小腸・大腸内にも影響を与えています。食物繊維としては、小腸内の汚濁を掻き出し、大腸の流動性を高める良いポイントがあります。定期的に納豆バクテリアを食することで、腸内フローラの性質を高めておくことが、普段の食事の消化吸収の率をも上げることになります。そして、その吸収は無駄な油脂類のほうではなく、微量な純良栄養素の吸収を高めるので、納豆自体の豆の栄養だけではない効果があります。

納豆生活による食の改善

納豆を食べることによってできる食生活の改善は、即ち生活環境の改善に役立ちます。私たちは、タンパク質を摂取しなくては、細胞の合成へと結びつきません。エネルギーとしても役立つタンパク質ですが、実際は細胞の全アミノ酸はタンパク質により構成されるのです。それ以外の栄養素では、身体の細胞作りは不可能です。そしてそのタンパク質の摂取法の中に、肉類・魚肉類がありますが、その中でも植物性として有名なのは、豆以外には考えられません。実は肉牛のたんぱく質の素材も豆類から補給されているわけで、人間の身体が元気であれば、タンパク質から直接、筋肉細胞や細胞の構成素材へとチェンジできます。植物性タンパク質を良く摂ることで、肉中心ではない食生活に改善できます。

納豆による効果

納豆を有効に利用すればこんな効果も期待できます。脂質の摂取制限に加えて、筋力トレーニングと併せることにより、スリムなマッスル体型が実現できるのです。要するに太らずに、細胞を豊かにするのです。大きなマッスル体型ではなくスリムなマッスル体型。それに適しているのは、女性の身体であったり、小規模身体が必要なスポーツです。つまり大きさでこなすよりも、小回りの利くスポーツに向いていたりします。そして、減量中の細胞の栄養維持にも一役かいます。エネルギー的には、野菜には入らないタンパク質を含有するので、持久力が上がるような体力作りが可能になります。細胞の中への栄養の直接供給により、アミノ酸からのエナジー取り出しも可能になります。つまり、脂質に頼らない生活へと改善できるのです。動物性タンパク質も重要ですが、脂質の摂取過多になることもありますので、その心配が無くなったことになります。

まとめ

納豆というのは、美味しいというだけではなく、その構成要素上、日本古来の伝統としてよく考えられた食物です。かつて冷蔵庫が無かった時代に、納豆バクテリアの発見により、その豆類のインスタント的な摂取保存食の長期連用が可能になったのです。つまりゆでた状態をキープし、ごはんなどの炭水化物の共同摂取が可能なため、朝食などに最適なわけです。栄養としても身体にとって、とても優良な食材なのです。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です