なるほど!からだサーチ

口臭対策に水分補給が有効なワケ

口臭の予防は、口臭対策グッズを使わなくても実行することができます。口臭対策に必要なものは、これだけでと思われるかもしれませんが水のみです。医師の指導のもと、水分補給をすることで、効果的に口臭予防をする方法や注意点を紹介させていただきます。また、口臭の予防対策と改善策についても紹介させていただきたいと思います。

口臭予防には唾液が重要

口の中には、常に一定量の細菌が存在していると言われます。この細菌の量をコントロールしているのが口の中の唾液です。唾液で水分量を調節し、口内の唾液量が著しく減ってしまうと、口臭ガスの原因菌が増殖してしまいます。結果、不快な口臭が発生する原因になります。つまり、口臭を予防したいなら、酸素を豊富に含むきれいな唾液を口の中で絶やさないことが大切です。

口臭予防に重要な水分補給

口臭予防には、水分補給が役に立ちます。水は唾液を作るのに欠かすことのできない素材なのです。1日に約1から2リットルほどの水を数回に分けて、こまめに飲むとより効果的です。そうすると、口内に十分な量の唾液が生成されます。とくに、起床後は口の中が乾燥しているので、歯磨き後にコップ1杯の水を飲む習慣をつけるとよいでしょう。もし、水のせいでお腹が緩むようなら、無理せず量は調整してください。それと朝食も必ず取るようにしましょう。

水以外でも飲み物ならば効果はあるのか

水分補給をするなら、水か無砂糖・無炭酸のスポーツドリンクが効果的です。水分ならなんでもいいという訳ではないので、注意してください。例えばコーヒー。仕事の合間に飲むことも多いと思いますが、コーヒーに含まれるカフェインは、唾液にとって好ましくありません。カフェインの利尿作用によって、体内の水分量が減ってしまうと、唾液の分泌量も少なくなってしまうからです。また、コーヒーの成分が舌苔(ぜったい)に付着すると、口臭の原因にもなります。

食後のお茶と口臭の関係は

意外に思われるかもしれませんが、食事の間にお茶を飲むことはおすすめできません。コーヒーと同様に、お茶にもカフェインが含まれており、ポリフェノールなどの成分は唾液を抑制してしまいます。また、お茶といえばカテキンによる防臭効果を期待する人も多いと思います。一時的には効果が期待できますが、口の中が乾いている空腹時に飲むと、逆に口臭が強くなってしまうので注意が必要です。食間は基本的に水を飲むようにし、食後の一服にお茶を飲むことをお勧めします。

口臭対策グッズ

口臭対策のエチケットとして、ガムをかんだり、サプリメントを口に入れて、口臭対策をしている方も多くいます。このような口臭対策グッズは、摂取すればするほど、口内の水分が増えて、息がきれいになるような気がしますが、むしろ、より不快なニオイになってしまう可能性もあるので注意が必要です。口臭グッズを使うと、一時的に口のニオイを紛らわすことができます。ところが、それはニオイの表面に香りを被せている状態に過ぎず、本質的な解決にはならないことが多いです。

まとめ

口臭を予防するには、唾液分泌量を増やせば効果的とされています。唾液分泌が抑制される原因は多岐に渡ります。ガムや昆布を噛んだりして、歯と頬の間に挟んでおくことで、味反射と異物反射という2つの唾液分泌反射を刺激することが可能になるので、サラサラで水分量の多い唾液が分泌されます。これが一番簡単な口臭対策だと思います。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です