なるほど!からだサーチ

口臭と病気の関連性について

口臭は病気、と言われると信じがたいかも知れません。病院で口臭と診断されることは、まずないと思いますが、口臭を呼び起こしている原因を探ると病気が見つかる可能性があります。なので、2次的な症状で口臭が起きているわけです。その際に重要なのは、真摯に自分の病気を受け止め、そしてその被害が他者に及んでいる可能性があると知ることです。

口臭の原因とは

口臭の原因は、大きく2つに分かれます。まず口腔内、そして胃袋の2ヵ所です。よく餃子を食べた後に匂うのは、それは胃袋の消化が未然の状態であるからです。これは病気ではありません。口腔内を洗浄すれば治まります。口腔内が清潔でなく、汚染されると悪いバクテリアを誘発します。この口腔内細菌の悪さによって、引き起こされるのが口腔内口臭です。他には、胃袋の中が原因とされている胃袋口臭があります。ゲップを多発している状態は、小腸や十二指腸などの病気の可能性があるので、注意が必要です。突発性のゲップというものは、ニンニクを食べ過ぎた後などに出ます。またアルコールなどのガス化しやすい食物でも胃袋口臭はあります。

口臭の2次災害

口臭の2次災害とは、まず他者に対してです。そして自らへの2次災害として、虫歯ができる可能性があげられます。虫歯菌は、口腔内の衛生・清潔状態が保たれていないために起きる病気です。なので口臭を感じたら、すぐに歯磨きをしたほうが良いでしょう。その他、歯槽膿漏になる可能性もあります。口臭を放っておくことは、悪いバクテリアを放置することなのです。放っておくと自身の社会生活において不利なこととなります。悪いバクテリアは、部分入歯・総入歯でも確認できます。義歯をいつも清潔に保つことは、口腔内を歯ブラシで磨くことと同じことです。その他、口臭の2次災害として小腸内での悪いバクテリアによるガス化も考えられます。これは口の中が清潔でないために、悪いバクテリアがそのまま小腸まで流れ込み消化を悪くすることです。

口臭の対策とは

口臭の対策として一番良いのは、清潔・衛生状態を守ることです。清潔とは、よく歯磨きをすること。衛生状態とは、自分自身の口の中をクリーンにするルーティンワークを行うことです。社会的にも問題となる口臭ですので、他人に迷惑にならないように気を付けることが大事です。口臭が病気であるなら、その意識付けをもって、口内を守るようにしてください。そして歯を全部保つことは、健康上優れているという利点もあります。そして、その上で口臭の対策をするのです。歯ブラシを選ぶ、歯磨き粉を選ぶ、口内洗浄剤を選ぶ、などです。

口臭の事前予防とは

口臭の事前予防は、口腔内を清潔にする以外ありません。ただし口腔内のスポットというものがある場合は、その口臭の原因菌がぬけないことがあります。それは虫歯スポット、口腔内粘膜腐食スポット、そして義歯系スポットです。また、舌上のスポットもある可能性もあります。よく舌の上も磨くように指導のあるケースがあります。良く洗浄し、汚れを落とした後で、口内洗浄液を口に含むなど複合的にすることも効果的です。また、唾液が減少する場合も口臭は増加します。これは、唾液が口内を自然に洗い流さないことが問題となっており、その結果、口内雑菌が増殖します。唾液には殺菌成分があるのです。唾液を出すためには、水・薄いお茶を飲むなど対策も必要です。唾液は年齢とともに減少しますので、更年期を境目に注意をしたいところです。

口臭のない世界

口臭のない世界をイメージしてください。案外、自分の口臭を意識している人ほど、口臭は少ないのです。社会的な感覚の優れてる人は、嗅覚も優れています。自らが口臭を出していることを察知できない人は、嗅覚に問題があるのかもしれません。人から言われることが真剣に受け止められない人は、口臭の専門家や医療機関において、病気として治療を受けることが必要なのかもしれません。対策として口臭の治療を受けるケースと、自身でそれを防げるケースとありますが、自身で防護できる場合は、その自身の努力の結果、広がる世界をイメージしてください。バラ色なのか、ブルーなのか、そのイメージを持つことが、衛生的な生活を実施できる重要なポイントなのです。

まとめ

最後に口臭と病気の関連性として、特に唾液についてですが、唾液の殺菌成分が弱まるということは、唾液に含まれるアミノ酸関連が欠乏していることが考えられます。唾液の殺菌成分は、人体の中で生成され、唾液腺から放出されています。これは内臓とも関わっているのです。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です