なるほど!からだサーチ

なぜ!? 風邪が長引くことに原因はあるの?

風邪が長引く原因として私が考えるのは、先ずは基礎体力です。普段から適度な運動で基礎体力をつけておくことが大事だと思います。筋肉をつけることとは違って、ウォ―キングやジョギング、縄跳びなどの有酸素運動を無理のない程度に普段からしておくことで、風邪を引きにくい体を作り、また風邪を引いても回復しやすくなると思います。

風邪は引き始めが勝負!

風邪は引き始めが勝負だと思います。できるだけ早く自分に合った風邪薬を飲むことです。人によって風邪かな…と感じる症状は違うと思います。ノドからの場合はノドの痛みだったり、鼻からの人は鼻水・鼻づまり、あるいは、くしゃみやセキ、寒気や悪寒が来る前に先手を打つ。これが風邪が長引く原因を軽減すると私は思います。

私の場合の風邪への先手

私は普段から風邪を引かないように気をつけています。が、それでも引いてしまうのが風邪です。風邪は長引くととてもしんどいですし、長引くことで他の病気の原因にも発展してしまいます。私の場合は必ずノドからくるので、ノドが痛い…の前の違和感の時点で薬を服用、そしてホットのはちみつレモンを作り、できるだけ早く寝ます。

風邪が引き起こす2次被害

私は、風邪を引くことに常に気をつけていています。風邪に怯えている(^_^; といっても過言ではありません。それには理由があり、一度、無理して出勤し続け、風邪を長引く原因を作ってしまい、肺炎になったことがあるからです。最初は普通の風邪だと思っていたのですが、なかなか治らず、そうそう会社を休めず無理して出ているうちに、ある夜、トイレに行こうとしたら、自宅で意識を失い倒れていたのです。

とにかく、無理をしないこと!

ですから、色々事情はあるでしょうが、絶対に無理はしないことです。結局、私はその時に1ヵ月入院することになりました。風邪が長引く原因をできるだけ作らないことが、反対に風邪を長引かせないことに繋がると私はその時に学びました。実は兄も私と全く同じに無理して風邪から肺炎になり、長期入院を余儀なくされた一人であります。

風邪から意外な喘息咳へ

これはつい最近私自身に起こったことです。引いた風邪がなかなか治らず、長引く原因は何だろう? としきりに考えました。熱は下がっているのに、咳が1ヵ月近く止まらず、夜寝れないのです。ふと友人に相談すると、それは喘息咳では無いか? と言われました。花粉症やアレルギー体質の人に起こりやすい、日本で発見された症例だそうです! この場合、抗生物質ではなく、ステロイドや抗ヒスタミンが効くとのことで試してみたら、収まりました!

まとめ

という訳で、風邪は万病のもと…だというのは本当だなと身を持って実感したことが沢山過去にありました。長引いた時はあまり自己判断に任せない方が良いと思ったことも多いです。思いもかけない病気を引き起こしていたことが、前述の喘息咳でも分かってビックリしたばかりなので。風邪は長引くと本当に厄介な病気の原因を引き起こします。気をつけましょうね。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です