なるほど!からだサーチ

風邪と肩こりの関係をチェック!

急に悪寒がするような時は、後で高熱が出ることが多々あります。風邪をひき、急に熱が出て、そして肩こりになることがあります。そんな時は、首回りや肩を冷やさないようにすることが大切です。デコルテ部分を温めたり、また肩が冷えることで熱が下がらないケースもあるため、しっかりと肩を温めて過ごすようにしましょう。

肩こりがひどい時は風邪?

肩こりがひどい時は、血行も悪くなり風邪をひきやすくなる傾向にあります。肩こりがひどいなと思っていたら、喉が痛くなり悪寒がして、風邪だと気付くことも多くあるようです。そんな時は、なるべく肩を冷やさなように過ごしたり、肩こりがいつもとは違うな〜と感じた時は、肩をぐるぐる回すなど、血流の流れをよくすることで、だいぶ症状は改善されます。

風邪をひいて体がだるくなる

風邪をひくと体がだるくなり、日常の動作もしんどいと感じるケースも多くあります。まずは、風邪をひいた時はしっかり寝て、体を休めることが重要になります。肩こりもいつも以上に風邪の時は痛くなるケースもあり、しっかりと肩をほぐすことで風邪対策もできるようになります。日常生活の中で、ちょっとした工夫をすることは大切です。

熱で血行不良

熱が出ると、ずっとベッドや布団の中で寝ているため、血行不良になり肩こりするケースが多いです。ずっと同じ体制で寝ているため、肩こりや腰痛などになるので、定期的に体の向きを変えるなど工夫することも必要になります。そうすることで、血行不良も次第に改善されて風邪の症状もよくなってきますし、血色も改善されるようになります。

ゾクゾク冷えて肩こり

風邪をひいた時は、ゾクゾク冷えるような感覚になることがあります。そのため、どうしても肩に力を入れてしまい、肩こりが生じることもあります。なので、肩が冷えないように、しっかり体を温めることが大切です。高熱が出ている場合もあるので、しっかり対策することが重要になります。

漢方薬を飲んで肩こり解消

風邪をひいた時は漢方を飲むことも良いでしょう。特に葛根湯などは風邪のひき始めには効果的です。肩こりにも葛根湯は効果があるので、愛用している方も多いです。肩こりがすることで風邪がなかなか改善しないこともあるので、葛根湯を継続して飲むこともおすすめです。

まとめ

風邪をひくと薬を飲んで寝ている時間が長くなるため、肩こりする方がかなり多くなります。そのため胃腸も弱くなり、体力がかなり落ちることもあるので、なるべく無理せず生活することが大切です。肩こりがひどくなり風邪もなかなか治らないといったケースもあるので、なるべく首や肩を冷やさず、温めて過ごすようにしましょう。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です