なるほど!からだサーチ

体を温める野菜で冷え性を改善!

女性には冷え性で悩んでいる人が少なくありません。冷え性の原因はいろいろありますが、食生活で改善できることもあります。一般的に冬野菜は、体を温めるものが多いと言われています。根菜は土の中でじっくりと育つので、栄養もあり寒い冬には適した食材です。冷え性対策のためにも意識して食べるようにしたいものですね。

ネギ類や生姜は体を温めてくれる

冬野菜は体を温めますが、逆に夏野菜は体を冷やす効果があります。冷え性の人は特に、夏野菜で体を冷やしすぎないようにすることが大切です。季節に関係なく、体を温める野菜として利用したいのが、ネギ類や生姜などです。特に生姜は冷え性を改善する代表的な野菜です。しかし、生姜は生だと逆に体を冷やしてしまうので、加熱したものを利用するようにしましょう。

夏の冷え性対策にもネギ類や生姜が有効

冬はもちろんのこと、夏は冷房などの影響で冷え性になりやすくなってしまいます。また、外の暑さと部屋の涼しさの気温差で、体調を崩しやすくなってしまうので注意が必要です。普段から料理の食材として、ネギ類や生姜などを取り入れると良いでしょう。またネギ類や生姜などの野菜は、薬味だけではなく食材の生臭さを解消する効果もあります。

野菜の食物繊維で腸内環境を整える

冷え性になってしまうと、低体温になりやすく、腸内環境も悪くなってしまいます。腸内環境が悪化してしまうと、さまざまな病気のリスクも高まってしまうので注意が必要です。食物繊維が豊富な野菜を積極的に摂ることも大切です。体を温める野菜を摂ることも大切ですが、偏りすぎないように気を付けたいものです。いろいろな効果のある野菜を摂って、体内循環を良くしていきましょう。

肥満は冷え性になりやすい

冷え性の原因の一つに肥満があります。肥満とは体脂肪が多すぎることなので、体重が標準値でも隠れ肥満になってしまうこともあります。脂肪は体を冷やしやすく、冷え性の原因となってしまいます。体脂肪を減らすためには、筋肉量を増やしていくことが重要です。そのためにも糖質や脂質の摂りすぎに気を付け、たんぱく質や野菜を摂っていくようにしましょう。

食事の改善とともに運動も行う

冷え性を改善していくためには、新陳代謝を上げていくことが必要です。そのためにも、食生活を見直すとともに、適度な運動を行うようにしましょう。運動をすることで筋肉量が増え、体脂肪を減らしていくことができます。野菜は体に必要なビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。特に旬の野菜は栄養価が高いので、毎日の食事に上手に取り入れていきたいものです。

まとめ

冷え性にはさまざまなリスクが伴います。そのため、生活習慣や食習慣などを見直し、冷え性を改善していくようにしましょう。それぞれの野菜には体を整える効果があります。その時々の自分の体の調子に合わせて、効果的な野菜を摂取していくと良いでしょう。野菜不足は生活習慣病などのリスクを高めてしまいます。適度な運動とともに、体に必要な野菜を積極的に摂っていくようにしたいものです。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です