なるほど!からだサーチ

いびきの原因とその解消方法!

自分はいびきをかいていない、そう思っている方でも実際にはいびきをかいていることがあります。いびきは一緒に寝ている人にとっては迷惑です。うるさくて眠れない、夜起きてしまうということになります。また、自分にとっても良いことはありません。いびきをかいている方は睡眠の質が低かったり、何かの病気の可能性があるかもしれません。

いびきの原因

でも、どうしていびきをかいてしまうのでしょうか。寝ている間は舌や喉の筋肉がゆるんで気道が狭くなり、空気が喉を通るたびに雑音が生じます。これがいびきです。いびきの原因は4つあります。

1つめは疲れや風邪です。
疲れている時や風邪の時には筋肉がゆるみやすく、気道が狭くなっていびきをかきやすくなります。この場合は原因を取り除けばいびきは解消されます。

2つめは飲酒です。
飲酒をすると筋肉が弛緩をします。その結果、舌や喉の筋肉がゆるんでいびきをかきやすい状態になります。

3つめは肥満です。
喉の周囲に脂肪がついて気道が狭くなりやすい状態になっています。

4つめは花粉症やアレルギー性鼻炎です。
いずれの場合も炎症が起こって気道が狭くなります。花粉症などの時には口呼吸になりやすく、口呼吸はいびきをかきやすい状態です。

横向きで寝る

仰向けで眠ると舌が垂れ下がり、気道が狭くなりやすいので横向きで眠りましょう。横を向くことで気道を確保できるのです。しかし、寝ている間には寝返りを何回もうつので、眠る時には横を向いていても、眠っている間にはいつの間にか仰向けになっていることがあります。これではいびきを解消できません。長時間横向きで眠るためには、横向きで寝やすい枕などグッズを利用するとよいでしょう。いびきで悩む方向けの枕が販売されています。枕を選ぶ時に大切なことは、自分にあった高さだということです。低すぎたり高すぎたりする枕でもいびきの原因になります。実際試せるようなら試しに横になってみて、枕の高さが合っているか確認をしてください。中の素材を出し入れできる枕だと、自分の好みの高さに調整ができて便利です。

飲酒を控える

就寝前の飲酒が習慣になっていませんか? しかし、飲酒は筋肉を弛緩させていびきをかきやすい状態にします。また、お酒を飲むと寝つきがよくなると感じているかもしれませんが、実際には飲酒によって睡眠の質は低下をします。お酒には利尿作用があり、就寝中にトイレに行きたくなって睡眠の質を低下させるのです。質が良い睡眠を手に入れるためには、就寝前の飲酒はおすすめできません。しかし、どうしても飲みたい時やつき合いで飲まなければならないことがあると思います。そのような場合、適量を守るようにしましょう。節度ある適度な飲酒量は、1日でアルコール約20gまでの摂取になります。これはビールだったら500㎖、日本酒だったら180㎖、ワインだったら200㎖ほどになります。そうはいってもいびきの解消のためには飲酒を控えると良いでしょう。

肥満を解消する

肥満の方の場合、いびきの解消のために減量をすると良いでしょう。肥満は高血圧や高血糖の原因にもなり、減量は健康を守ることにもつながります。健康的に減量をするためには、自分にとって適切な摂取カロリーを知ることと、適度に運動をすることが大切です。減量のために無理な食事制限をする方がいますが、食事量が減ると体が必要とする栄養素の摂取量が減少をしてしまいます。また、無理な食事制限をすると筋肉が減って、基礎代謝が落ちるのでやせにくく、リバウンドをしやすくなります。そのため適切なカロリー摂取量を知ることが大切になります。運動をすることで血流がよくなり、脂肪の燃焼も促されます。運動習慣がなかった場合は、ウォーキングのような軽めの運動から始めてみるとよいでしょう。1日10分程度から始めて、慣れてきたら徐々に時間を伸ばしてみてください。

いびき防止グッズを使う

いびき解消のためのさまざまないびき解消グッズが販売されています。これらはどれも気道を確保しやすいように工夫されています。たとえばマウステープの場合は、テープを口に貼って鼻呼吸に誘導をすることで、いびきの解消をサポートしています。セロハンテープなどでは、肌が荒れる心配や寝ている間に取れてしまう可能性があるので、専用のテープを使用するとよいでしょう。マウステープといっても様々な種類があるので、自分に合った物を見つけてみてください。サプリメントも販売されています。空気の通りをよくすることが期待できる成分や、イライラを鎮める成分などが配合されています。いびきに悩む方だけでなく、ストレスによる歯ぎしりに悩む方もサポートをします。鼻腔を拡張するテープもあります。鼻呼吸をスムーズにしてくれます。

まとめ

いびきは気道が狭くなることが原因です。そのため、いびきを解消するためには気道を確保することが重要になります。そのために行いたいことが横向きで眠る、飲酒を控える、肥満を解消するなどです。どれも難しいことではありません。いびきを解消することで一緒に寝ている人との関係が良くなる、睡眠の質が良くなるなどの変化が期待できます。さぁ、いびきを解消して快適な眠りを手に入れませんか?

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です