なるほど!からだサーチ

紫外線とビタミンの深い関係

ビタミンCが紫外線対策に効果がある事はかなり知られています。シミの予防や改善、そして美白や美肌対策にもビタミンCが有効です。夏は日差しが強いので、シミを防ぐためにも紫外線対策をしっかりと行っていきたいものです。しかし春も意外と紫外線は多く、それ以外にも乾燥や花粉等の影響によって肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

春こそ紫外線対策

春は冬と夏の間なので、スキンケアも怠ってしまいがちです。しかし、春こそしっかりとビタミンCを補給して、紫外線対策を行っていきたいものです。年齢が若いうちはシミにもなりにくく、キレイな小麦色の肌に焼けますが、年齢を重ねていくうちに、シミが増えていってしまいます。最近は肌を焼かないためのスキンケア商品がたくさん出回っています。紫外線によるシミ対策は早めに行うに越したことはありません。また、すでにシミができてしまっている場合や、今まであまり紫外線対策を行っていなくても、今から始めるようにしましょう。どこまで改善出来るかは肌の状態や個人差がありますが、少なくとも今以上にシミを増やすことは防いでいくことができます。

ビタミンCを含む食品を摂る

さらにビタミンCを多く含む野菜や果物などを多く食べるようにしたいものです。また、緑茶やローズヒップティーや柑橘系のジュースなどにもビタミンCが含まれています。意識して食生活の中でもビタミンCの摂取量を増やしていくことで、紫外線によるシミ対策に繋がります。さらに効果的にビタミンCを摂るために、サプリメントなどを利用するのも一つの方法です。サプリメントはビタミンCの量が多く含まれています。少ない量でも効果的に十分な量のビタミンCを補うことができます。サプリメントは便利ですが、それが中心にならないように十分に気をつけたいものです。サプリメントはあくまでも補助的なものです。まずは食事の改善を行い、足りない分をサプリメントで補うようにしましょう。また、何らかの疾患がある場合や、服薬をしている場合は、ビタミンCと合わないこともあります。必ず医師に相談の上、ビタミンCを摂取するかどうかの判断を決めていくようにしましょう。

紫外線不足にも気を付ける

紫外線はシミなどを起こしやすいので、できるだけ避けたいところですが、逆にほとんど日光に当たらないと、体に必要なビタミンDは不足してしまいます。ビタミンDが不足してしまうと、骨が弱くなってしまうため、骨粗鬆症など骨に関する病気になりやすくなってしまいます。適度な日光浴を行い、ビタミンDの補給を行っていくようにしましょう。日光浴以外にもビタミンDを補給できる方法があります。それは乾物類を食べることです。乾物類は日光の力を利用して、食材を乾燥させたものなので、太陽のエネルギーをたくさん受けています。その為、特に日光不足になりやすい時期に、乾物類を意識して食べると効果的です。天日で干した乾物類はビタミンDがたっぷりと含まれていますが、乾物類でも電気で乾燥した食品もあります。この場合はビタミンDの効果が得られにくいので、他の方法でビタミンDを補うようにしたいものです。

ビタミンDを補給する

日光浴による紫外線や食事でもビタミンDを補給できますが、それでも足りない場合はサプリメントなどを利用するのも一つの方法です。しかし、すでに何らかの疾患がある場合は、医師に相談してから決めるようにしましょう。ビタミンは体にとって必要な栄養素です。栄養ドリンクやビタミン剤なども多くのビタミンが含まれています。ビタミンが不足するのも良くないことですが、逆に過剰に摂取しすぎても副作用が出てしまう場合があります。さまざまな健康食品は必要なビタミンが凝縮されています。そのため、規定の分量を守って摂取しないと、過剰摂取となってしまい、悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。まずはビタミンCが多く含まれている食材を、優先的に食べるようにしていくようにしましょう。

全体の栄養のバランスを考える

人間も自然の一部です。その為、できるだけ自然に近い食品を摂ったほうが、ビタミンなどの栄養も体に吸収されやすく、栄養になっていくものです。人工的に作られた食品は効果的に必要な栄養を摂取することができますが、便利な分、利用方法を誤ってしまうと、リスクを生じてしまう可能性もあります。栄養補給は全体のバランスが取れていることが大切です。必ず適量を守り、それだけに頼り過ぎないように気をつけたいものです。紫外線対策と並行しながら行っていきましょう。

保湿対策も忘れずに

紫外線対策は日差しの強い時期だけではなく、1年中何らかの対策が必要です。それと同時に忘れてはならないのが保湿対策です。肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、さまざまな刺激を受けやすくなってしまうので、そのためにダメージを受けやすくなります。そのため、日差しによる紫外線の悪影響も受けやすくなり、肌の症状がひどくなったり、治りにくくなってしまう場合もあります。体調やストレスなども肌トラブルに大きく関係しています。ビタミン補給は今の自分の体調に合わせて、適量を補っていくようにしましょう。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です