なるほど!からだサーチ

紫外線が肌に与える影響は大きい!

最近は紫外線が肌に大きな影響を与えることは、常識のように知られるようになりました。しかし中には間違っている情報なども少なくはありません。紫外線は対策を間違えたら、非常に大きなダメージを受けてしまいます。しかしうまく対策を取ることもできます。もうすぐ夏を迎えますので、正しい知識を持って対策をしっかりしましょう。

紫外線が人に与えるもの

紫外線が人に与えるものはどんなものがあるかご存知でしょうか? 肌に悪い影響を与える、といったことしか知らない人も多いのではないでしょうか。紫外線が与える影響は悪いものばかりではありません。紫外線を浴びるとビタミンDが生成されます。ビタミンDが不足すると骨粗しょう症などの原因になったりします。ただビタミンDは食物からも摂取することができるので、良い効果は少ないですね。

紫外線が与える悪い影響

紫外線が人体に与える影響は悪いものばかりではありませんが、悪い影響の方が多いです。まず肌に与える影響です。日焼けを引き起こし、シミやそばかすの原因にもなります。強い紫外線は皮膚がんの原因にもなることが発見されました。肌だけでなく、目にも強い影響を与えます。スキー場などで起こる雪目などは紫外線が原因で起こります。

紫外線対策

人体に悪い影響を与える紫外線ですので、対策を取るのが大切です。基本的な対策は日焼け止めを塗ることと、サングラスを着用することです。最近ではたくさんの高品質の日焼け止めクリームが発売されていますので、一般的なものでも肌への十分な対策が取れるようになりました。サングラスはUVカット機能があるものであれば、そんなに色の濃いものである必要はありません。

紫外線の種類

ひとえに紫外線と言ってもいくつかの種類があります。その中でも一般的に紫外線と言われるものにはUVAとUVBがあります。日焼けをした時に、赤く炎症を起こして痛くなるのはUVBが与える影響によるものです。肌を黒くするのはUVAによるものです。ですのでUVBを浴びなければ肌が赤くなって、痛くなるのことはありありません。しかし、UVAにも発がん作用があり、シミなどの原因になります。

日焼けサロンは安全?

日焼けサロンで日焼けをするのは、太陽で日焼けをするより安全と言われていますが、日焼けサロンも紫外線であることに変わりはないので、肌への悪影響はあります。日焼けサロンの紫外線にはUVAが照射されるようになっていて、UVBがほとんどないので炎症が起こりづらいだけです。ですので、日焼けサロンが肌に悪影響を与えずに、日焼けができるというのは間違いです。

まとめ

紫外線は肌に多くの悪影響を与えます。夏は特に紫外線が強くなるので、日焼け止めやサングラスでしっかり対策を取りましょう。冬でもスキー場などの雪のある所は、照り返しで紫外線が浴びやすいので注意が必要です。紫外線にも種類があり、肌を赤くするものと黒くするものがあります。しかしどちらも肌に悪影響を与えことは同じです。日焼けサロンも影響がないわけではないので気をつけましょう。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です