なるほど!からだサーチ

体維持に必要な必須ミネラルの種類とは?

体の健康を維持するためには毎日の食事などから栄養をきちんと摂取出来ているかどうかが重要となります。食事は何でもいいから食べればいいと言うわけではなく、バランスを考えて食べることで初めて体に必須となるミネラルなどを補給することが出来ます。人間の体ではミネラルを生成することはできませんので、体の筋肉や内臓などの活動を正常に保つためにも必須ミネラルと呼ばれるミネラルは必要となる量を摂取し続けなければいけないわけです。

必須ミネラル摂取で健康を維持できる

現在体の維持に必要とされている必須ミネラルの種類は16種類ありますので、その必須ミネラルをいかに摂取出来ているかが健康を維持できているかどうかに直結することになります。必須と名がついているように、必須ミネラルの摂取が足りていない場合体のどこかに必ず異常をきたすことになりますので、最近体調が優れないと言った状態が続いているのであれば、毎日の生活に必要となる必須ミネラルがきちんと摂れていない可能性が高いと言えます。

必須ミネラルの種類

必須ミネラルの種類となるのが硫黄(S)・カルシウム(Ca)・リン(P)・カリウム(K)・塩素(Cl)・ナトリウム(Na)・マグネシウム(Mg)・亜鉛(Zn)・クロム(Cr)・コバルト(Co)・セレン(Se)・鉄(Fe)・銅(Cu)・マンガン(Mn)・モリブデン(Mo)・ヨウ素(I)の16種類となります。これらは毎日の食事で摂取する食材に含まれているので、それらが含まれている食材を正しく理解し万遍なく使用することで非っすミネラルを無理なく無駄なく撮り続けることが出来ます。ミネラルによっては肉にしか入っていないもの、野菜でしか摂取出来ないもの、魚などの海産物に多く含まれるものがあるため、肉や野菜、魚をどれくらい食べているかによって必須ミネラルの種類をどれくらい摂取出来ているのかが変わってきます。

主要ミネラルと微量ミネラル

近年ではコンビニの普及やジャンクフードの種類が増えたことで食事のバランスが大きく崩れているケースも多く見受けられますので、そういった食生活の場合はミネラルの摂取量が偏ってしまったり、全く摂取出来ていないミネラルがあると言うことも考えられます。 必須ミネラルは大きく分けて2つに分類することができ、主要ミネラルと微量ミネラルに分けることが出来ます。主要ミネラルは1日の摂取量が100mg以上必要となるミネラルであり、体の機能を正しく動かすために欠かせないものとなります。主要ミネラルとなるのは硫黄(S)・カルシウム(Ca)・リン(P)・カリウム(K)・塩素(Cl)・ナトリウム(Na)・マグネシウム(Mg)の7種類となり、必要摂取量が決められているので出来るだけ決められた摂取量を摂りつづけることが望ましいと言えます。

もう一つmの微量ミネラルは亜鉛(Zn)・クロム(Cr)・コバルト(Co)・セレン(Se)・鉄(Fe)・銅(Cu)・マンガン(Mn)・モリブデン(Mo)ヨウ素(I)の9種類が該当します。微量ミネラルの場合は1日の摂取量が100mg以下となっており、微量を摂取することで体の機能を正常に保つことが出来るミネラルです。ミネラルの働きとしては硫黄に関しては髪の毛や皮膚、爪や骨を生成するのに必要となります。塩素は胃の中の胃酸を分泌するために必要で、塩素が無ければ胃の活動を正常に行うことが出来ません。ナトリウムは血液や体液の浸透圧を調整する役割があり、カリウムは高血圧にならないようにするためにも必要となるミネラルです。ナトリウムやカリウムが不足すると体が異常をきたすことも多くなり、重篤な病に冒されるリスクも高まります。

体を維持するミネラルの種類

マグネシウムやカルシウム、リンに関してはカルシウムが骨や歯を作る働きをし、マグネシウムがそれを強化し酵素の働きをサポートしてくれます。リンは体の代謝を助け骨や歯の生成にも必要となる必須ミネラルです。鉄や銅は血液中や骨の中に存在し赤血球を増やす働きやヘモグロビンの生成を促す働きを持ちます。

亜鉛は生殖機能に働きかけることでホルモンのバランスを保つ役割があります。亜鉛が減少すると生殖機能が正しく機能しないことにもつながるため、非常に重要な役割があります。

マンガンは関節を正常な状態に保つ働きや骨を強化してくれますし、ヨウ素に関しては甲状腺ホルモンを分泌するために欠かせないものとなります。

セレンは体の老化を防止する抗酸化作用があるので、摂取することで細胞の老化を防ぎ健康な状態を維持することが出来ます。

モリブデンは肝臓や腎臓内で働くミネラルで、老廃物を排出するために必須となるミネラルです。老廃物が排出できないと体に対して悪影響を与えますので、モリブデンをどれくらい摂取できているかにより老廃物の排出が正しくできているのかにも関係してくることになります。

クロムは糖を摂取した際の代謝に関係しており、糖尿病などのリスクを軽減する働きがあります。フッ素は虫歯になり難い歯を作る働きがあり、それと同時に骨の強化にも有効な成分です。

まとめ

このように必須ミネラルはそれぞれに与えられた役割があるので、どれも足りなくならないようにきちんと摂取することが重要となるでしょう。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です