なるほど!からだサーチ

脳梗塞にならないための水分摂取方法

年をとってくると、色々な病気について心配することがありますね。一番心配となる病気に脳梗塞があります。脳梗塞になることで命を落とすこともあるし、辛い後遺症に悩むこともあります。脳梗塞にならないための予防方法として一番大切なことは水分摂取です。水分摂取を心がけることで、かなり予防することができます。

脳梗塞の原因

脳梗塞になる人は、どんな人なのでしょうか。まず、脳の血管が詰まりやすいということが言えますね。生まれた時からや、生活習慣によって血管が詰まりやすくなるのです。中でも、生活習慣は大きく関係しています。生活の中で水分摂取をあまりしないという人は危険です。しかし生活習慣を見直すことによって、脳梗塞を予防することはできます。私たちの体は、水分によって動いています。水分がないと血管の中にある栄養分を運ぶことができません。そして水分が不足すると、恐ろしいこととして血管が詰まってしまうのです。脳の血管が詰まってしまうと、脳梗塞を発症する恐れがあります。

脳梗塞になると困ること

脳梗塞になると困ることは、なんといっても自分で自分のことができなくなる可能性があるということです。年を取っても自分のことは自分でできるだけしたいですね。ところが、足が動かなくなる、手が動かなくなると自分の身の回りのことができなくなります。日常、普通にできている食事やトイレに行くことなども難しくなります。そのような生活をイメージすると、とてもぞっとしますね。そのために予防をすることが大事なのです。その予防として、何よりも水分摂取が大事です。水分摂取を意識をして行うことにより、脳梗塞になるリスクがかなり減少します。長く楽しい人生を送るためには、水分摂取に心がけて脳梗塞を予防しましょう。

水分摂取は何がいいの?

脳梗塞を予防することができる、一番の方法として水分摂取がありますね。その時、どんなものを飲むのが一番いいのでしょうか。それは、何でもいいと言いたいところですが、できるだけ水や白湯が好ましいです。ジュースなどはカロリーが高くなってしまいます。カロリーオーバーになってしまうと、今度は肥満や糖尿病などが心配となりますね。健康になるために予防をしているので、水分摂取は水や白湯を飲むようにします。できるだけ白湯を飲むことをおすすめします。水は、そのままだと少し匂いがしたりするので、嫌と思うこともあります。その点一度温めた白湯だと、そんなクセもなく飲むことができます。また冬の場合は、冷たい水よりも少し温めたものを飲むようにしましょう。

水分摂取のタイミング

脳梗塞を予防するためには、水分を摂ることが重要です。水分摂取をするのは、通常はのどが渇いた時が多いですね。ところが、その段階で水分をとることは、少し遅いのです。それは、のどが乾いている時には、体がかなり脱水に近くなっているからです。そのため、水分を取るのはのどが渇いている少し前が良いですね。特に汗が出ている時には、こまめに取るようにしましょう。コップ一杯の水で良いのです。大量に一度に飲んでしまうと、尿として出てしまいます。ですので、体の血管の中を絶えず、サラサラの状態にすることが出来るのはこまめな水分摂取となります。意識して朝起きた時や寝る前など、摂るタイミングを決めておきましょう。

水分摂取とともに注意をすること

脳梗塞を予防するためには、血液をドロドロにしないことが大事です。そのためには、水分摂取を時々行うことと、食事の中でも水分を取ることが大事です。食事をした時、その食材を消化しやすくするのは水分です。栄養素を早く消化できるように助けます。そのため、水分は栄養素を運ぶ働きもしているということになりますね。また、季節によってその量も変えることが大事です。特に夏は、汗をかいているのでたびたび水を取るようにしましょう。しかし、冬でも汗をかいているのです。そのため、冬であっても水分摂取を意識して行うようにします。

まとめ

脳梗塞を予防するために、最も大切なこととして水分摂取があります。それは、のどが渇く前にこまめに取ることが大事です。カロリーがほとんどない、水や白湯がベストです。そして、食事の時も意識をして水分を取るようにします。夏はもちろんですが、冬でも取ることをおすすめします。水分摂取は、誰でもできる簡単な脳梗塞予防方法です。これを心がけていれば、とても良い予防法となります。自分だけではなく、家族も揃って予防をすることができるように、生活習慣として取り入れて行きましょう。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です